寺島◎レコード
9月の寺島◎レコードは…
コンピの新定番になりそうな女性ヴォーカルと待望の松尾明トリオのアナログ盤につづいて FOR JAZZ AUDIO FANS ONLY 第10弾!!
アメリオの次はこの音を聴け!
大人気コンピレーション記念すべき第10弾は仏エンジニア
ヴァンサン・ブルレ録音作を含むピアノトリオ大特集!!

『FOR JAZZ AUDIO FANS ONLY VOL.10 / V.A.(選曲・監修:寺島靖国)』
TYR-1060 3,024円 2017.9.20発売

「寺島レコード」レーベルと共に誕生し、いまやキング・オブ・コンピレーション『Jazz Bar』に迫る勢いの定番コンピとなった『For Jazz Audio Fans Only』が遂に第10弾を迎えます。
毎回その年のベストといえるエンジニアとその録音、および寺島プロデューサーが贔屓してやまないジャズ・オーディオ・ファイルをぎゅっと濃縮。今年は特に「ジャズは音で聴け!」に相応しい豊作となりましたが、特にイチオシは「イタリアのアメリオ、フランスのブルレ」とオーディオ界で話題騒然のヴァンサン・ブルレ録音によるジョルジュ・パッチンスキー新譜からの収録。もちろんアメリオ録音による常連ロベルト・オルサー最新作&アメリオ自ら指揮をとるレーベルからGuido Santoniもピックアップ! 全曲良音のピアノトリオ・アルバムとしてもお楽しみいただけます。ぜひ録音・演奏ともにお気に入りの一曲を見つけてみてはいかがでしょうか。

■収録曲
01. Estate [The Kirk Lightsey Trio]
02. Les Rails enchevetres [Georges Paczynski Trio]
03. Spring Lingers [Alf Haggkvist Trio]
04. Laberinto [Sergio Gruz Trio]
05. St. James Infirmary [大橋祐子トリオ]
06. Elm [Roberto Olzer Quartet]
07. Pap [Carsten Daerr Trio]
08. Drum Afterlude [Carsten Daerr Trio]
09. Breath [Luigi Martinale Trio]
10. Noble One [Scott Earl Holman Trio]
11. When My Anger Starts To Cry [RGG]
12. Then Goodbye [Michael Salling Trio]
13. Fit To Fly [Guido Santoni Trio]


■選曲・ライナー執筆:寺島靖国
■セミW紙ジャケット
音寺島レコード新定番の予感!
寺島哲学の原点・女性ヴォーカルにフォーカスするコンピレーション
大反響にお応えし、第2弾の発売が決定!

『FOR FOR JAZZ VOCAL FANS ONLY VOL.2 / V.A.(選曲・監修:寺島靖国)』  TYR―1059 3,024円 2017.9.6発売
「声のいい女性を次々に探し当て、ジャケットの麗しいオリジナル盤を入手(中略)こう言ってはなんですが成功率は低いですね。そうですね、10枚に1枚というところでしょう。それでもジャケットのいいのは、聴かないのはわかっても保持しておく。しばらくたって聴いてみるとけっこうよかったりするんですね。基準は繰り返し聴くに値するかどうか。ボーカルは一度聴いて駄目なら大抵の場合駄目なんですよ」(FOR JAZZ VOCAL FANS ONLY VOL.1ライナーより)
エラ、サラ、カーメン、ビリー・ホリデイ、ベティ・カーターらだけがヴォーカルの歴史ではない、そしてジャズ・ヴォーカルは新たな発見に満ちている!その哲学をあえていま高らかに宣言する、寺島靖国セレクション・ヴォーカル・シリーズ第2弾。

■収録曲
01. Wild Is The Wind [Polly Gibbons]
02. Savannah Woman [Woong San]
03. The Party's Over [Carla Helmbrecht]
04. Fragile [Sonia Spinello Quartet]
05. Walkin After Midnight [Madeleine Peyroux]
06. What Is This Thing Called Love [Joan Viskant]
07. Devil May Care [Karen Lane]
08. Little Girl Blue [Madeleine & Salomon]
09. I Hear Music [Rebecca Kilgore]
10. My Favorite Things [Thisbe Vos]
11. Moon And Sand [Anne Ducros]
12. Do Nothin' Till You Hear From Me [Nancy Harms]
13. Wouldn't It Be Loverly / Living Room [Kelley Johnson]
14. It Never Entered My Mind [Kristen Lee Sergeant]
15. Trouble Is A Man [Abigail Rockwell]

■選曲・ライナー執筆:寺島靖国
■セミW紙ジャケット
松尾明トリオ待望の最新作
結成10年目のトリオが辿り着いた、珠玉のバラッド集をアナログで!!

『BALLADS / 松尾明トリオ』  TYLP-1058 4,536円 2017.9.6発売
松尾明トリオ4年ぶりとなる最新作は、寺島レコード第1弾アルバム『アローン・トゥゲザー』のトリオが再集結! 寺島レコードの原点「哀愁」のメロディ、ジャズの名曲、そして長い付き合いのメンバーによる名演、すべてを凝縮した、レーベル10周年にして松尾明トリオの10年間の集大成ともいえる記念すべき作品に仕上がった。

SIDE-A
01. Lupus Walk
02. Estate
03. I'll Be Seeing You
04. Moonlight Becomes You
05. How Deep Is The Ocean
SIDE-B
01. Do You Know What It Means Miss New Orleans
02. Sway To Fro
03. Violet For Your Furs
04. Just A Mood (Take 2)
05. Steaway To The Moon (Piano Solo)

■演奏:松尾明(ds), 寺村容子(p), 嶌田憲二(b)
■2017年3月27日 横浜ランドマーク・スタジオにて録音
■W紙ジャケット仕様・ボーナスDISC付
8月の寺島◎レコードは…
寺島◎レコード10周年! ボーナスディスクが付いた2枚組で
お値段はなんと1枚分!!
松尾明トリオ4年ぶり、待望の最新作
寺島レコード10周年にして、結成10年目のトリオが辿り着いた、珠玉のバラッド集

『BALLADS / 松尾明トリオ』  TYR-1058 3,024円 2017.8.2発売
松尾明トリオ4年ぶりとなる最新作は、寺島レコード第1弾アルバム『アローン・トゥゲザー』のトリオが再集結! 寺島レコードの原点「哀愁」のメロディ、ジャズの名曲、そして長い付き合いのメンバーによる名演、すべてを凝縮した、レーベル10周年にして松尾明トリオの10年間の集大成ともいえる記念すべき作品に仕上がった。
さらに、良音としても人気の高い寺島レコードならではの特別企画として、マスタリング別バージョンを収録したボーナスディスクをセットに。“聴き比べ”にも対応した、すべてのジャズ・ファン&オーディオ・ファンに贈る、永久保存版。

01. Lupus Walk
02. Estate
03. I'll Be Seeing You
04. Moonlight Becomes You
05. How Deep Is The Ocean
06. Do You Know What It Means Miss New Orleans
07. Sway To Fro
08. Violet For Your Furs
09. Just A Mood (Take 2)
10. Steaway To The Moon (Piano Solo)

■演奏:松尾明(ds), 寺村容子(p), 嶌田憲二(b)
■2017年3月27日 横浜ランドマーク・スタジオにて録音
■W紙ジャケット仕様・ボーナスDISC付
5月の寺島◎レコードは…
ジャズはガッツである、音である、ドラムスである。
寺島レコード10周年のおとずれを告げる、
新コンピレーション・シリーズがスタート!!
音色とプレイで煽る名演。ジャズ・サウンドを司る 重要楽器=ドラムスにスポットを当てた史上初のコンピレーション。
ピアノ・トリオとしてもお楽しみいただけます!

『FOR JAZZ DRUMS FANS ONLY / V.A.(選曲・監修:寺島靖国)』  TYR―1057 3,024円 2017.5.17発売
かねてより「ジャズはガッツと哀愁」、そして「ジャズは音で聴け」と言ってはばからない寺島靖国プロデューサー。『Jazz Bar』『FOR JAZZ AUDIO FANS ONLY』といった鉄板コンピレーション、そしてランドマークスタジオでのオリジナル録音もそれらを常に体現してきました。
そしてレーベル創立10周年、新たなコンピレーション・シリーズがスタートします――その名も『FOR JAZZ DRUMS FANS ONLY』。マニアックな企画と思うなかれ、ジャズのサウンドと音の良さ、そのいずれもキーとなる楽器=ドラムスにスポットを当て、ピアノ&ベースの三位一体としてドラマチックに盛り上げる「ガッツと哀愁のサウンド」、そしてシンバルや皮モノの音で聴く「良録音」、さらには昨今、新進気鋭のドラマー達の登場に隆盛をみせるジャズ・リズム革命のパイオニアから寵児まで、すべてを網羅してしまおうという夢のプロジェクトです。

■収録曲(予定)
01. It's All Right With Me (Cole Porter) by Emmet Cohen
02. Fragile (Sting) by Hans Esbjerg
03. Alone Together (Arthur Schwartz) by Joe Mulholland Trio
04. My Heart Belong To Daddy (Cole Porter) by Bill Carrothers
05. Wise (Alex Mercado) by Alex Mercado Trio
06. Tres Palabras (Oswaldo Farres) by Christof Sanger
07. The Fruit (Bud Powell) by David Hazeltine
08. From The Beginning (Matija Dedić) by Matija Dedić
09. The Intimacy Of The Blues (Billy Strayhorn) by Albert Heath
10. Rockin' Chair (Horgy Carmichael) by Allison Miller
11. Marie's Delight (Red Garland) by Kris Bowers
12. Omnibus (Ernst Glerum) by Ernst Glerum
13. Eastern Elegy (Daniel Freedman) by Daniel Freedman

■選曲・ライナー執筆:寺島靖国
■セミW紙ジャケット
2017年3月の寺島◎レコードは…
ジャズ&オーディオ業界双方を騒然とさせた、
世紀の聴き比べ対決をアナログ盤で!!
大橋祐子盤石の4thアルバム ホール録音盤(エソテリック・大間知基彰監修)
『WALTZ NO.4 / 大橋祐子トリオ』  TYLP-1054 4,536円 2017.3.29発売
★エソテリック社顧問にして、数々の高音質録音に携わり、ブルーノートやマイルス・デイヴィス等のリマスタリングSA-CDシリーズ企画でも大ヒットを飛ばし続ける大間知基彰氏が、アコースティック録音の大家でありオーディオ・マニアに絶大な信頼を得るオクタヴィア・レコード江崎友淑エンジニアとタッグを組んだホール録音。そして来年2017年に10周年を迎える長きにわたるご声援とプライドを糧に、「哀愁とガッツ」をブレずに丁寧に体現した原点のサウンドと選曲の寺島靖国プロデューサーとランドマークスタジオ佐藤宏章氏。前代未聞の聴き比べ対決セットがリクエストにお応えし分売アナログ化!!
★昨年末12月に発売された2枚組CD BOXはジャズ&オーディオ業界双方にとっての前代未聞の一代企画として話題になり、「JaZZ JAPAN AWARD 2016 高音質録音部門賞」受賞決定! ほか各誌でのアワードやレビューでノミネートされており、今年も引き続き話題騒然必至!!
★完全初回限定生産、寺島レコードのアナログ盤は毎タイトル即完売してしまうのでお見逃しのなきよう!!

SIDE-A
01. セント・ジェームス病院 (Traditional)
02. エストレリータ (Manuel Ponce)
03. メキシコ (Harvie Swartz)
04. ホーム (Michel Petrucciani)
05. ラヴ・ミー・テンダー (Traditional / Elvis Presley)
SIDE-B
01. アイ・シンク・アイ・クッド・ビー・ハッピー (Magne Furuholmen)
02. ソー・イン・ラヴ (Cole Porter)
03. プルメリア (Yuko Ohashi)
04. ワルツ #4 (Yuko Ohashi)
05. セント・ジェームス病院(別テイク) (Yuko Ohashi)

■演奏:大橋祐子(p), 佐藤忍(b), 守新治(ds)

■2016年10月5日 稲城市立iプラザホールにて録音
■Recorded by 江崎友淑(オクタヴィア・レコード)
■サウンド・プロデュース:大間知基彰(エソテリック株式会社)

大橋祐子盤石の4thアルバム スタジオ録音盤(寺島靖国監修)
『WALTZ NO.4 / 大橋祐子トリオ』  TYLP-1055 4,536円 2017.3.29発売
★エソテリック社顧問にして、数々の高音質録音に携わり、ブルーノートやマイルス・デイヴィス等のリマスタリングSA-CDシリーズ企画でも大ヒットを飛ばし続ける大間知基彰氏が、アコースティック録音の大家でありオーディオ・マニアに絶大な信頼を得るオクタヴィア・レコード江崎友淑エンジニアとタッグを組んだホール録音。そして来年2017年に10周年を迎える長きにわたるご声援とプライドを糧に、「哀愁とガッツ」をブレずに丁寧に体現した原点のサウンドと選曲の寺島靖国プロデューサーとランドマークスタジオ佐藤宏章氏。前代未聞の聴き比べ対決セットがリクエストにお応えし分売アナログ化!!
★昨年末12月に発売された2枚組CD BOXはジャズ&オーディオ業界双方にとっての前代未聞の一代企画として話題になり、「JaZZ JAPAN AWARD 2016 高音質録音部門賞」受賞決定! ほか各誌でのアワードやレビューでノミネートされており、今年も引き続き話題騒然必至!!
★完全初回限定生産、寺島レコードのアナログ盤は毎タイトル即完売してしまうのでお見逃しのなきよう!!

SIDE-A
01. セント・ジェームズ病院 (Traditional)
02. エストレリータ (Manuel Ponce)
03. メキシコ (Harvie Swartz)
04. 哀しみのダンス (Leonard Cohen)
05. ダニー・ボーイ (Traditional)
SIDE-B
01. アンカー (Yuko Ohashi)
02. アワ・スパニッシュ・ラヴ・ソング (Charlie Haden)
03. アインダ・ベム (Marisa Monte)
04. ニュー・デイズ (Yuko Ohashi)
05. オヴァート (King Fleming)

■演奏:大橋祐子(p), 佐藤忍(b), 守新治(ds)

■2016年9月30日 横浜ランドマーク・スタジオにて録音
■Recorded by 佐藤宏章(ランドマークスタジオ)
■サウンド・プロデュース:寺島靖国(寺島レコード)